断熱リフォームに簡単、現場発泡ウレタン吹付結露防止

家職人 番匠

0553-33-8453

〒404-0024 山梨県甲州市塩山下萩原2096

lv

断熱リフォームに簡単、現場発泡ウレタン吹付結露防止

番匠ブログ

2018/01/09 断熱リフォームに簡単、現場発泡ウレタン吹付結露防止

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%ae%b9%e5%99%a8簡易に使える現場発泡ウレタン容器Exif_JPEG_PICTURE結露で鍾乳洞のようです

2%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0ウレタン吹付後 

山梨、甲州市で新築、リフォームの仕事をしている、家職人番匠の矢崎です。

 

毎日寒い日が続き外の仕事に携わっている人には

厳しい季節ですね。今回は断熱リフォームに最適なこんな商品を紹介いたします。

 

これはある建物の例ですが屋根がスラブデッキ(フラットなコンクリート)で天井裏の鉄のデッキ部分が結露でビッショリ濡れています。その水滴で天井もシミも出来てしまいました。

 

こんな現象があるなんて家に住んでいてもなかなか分かりませんよねこの原因は鉄の冷たい表面温度と室内の 暖かい湿気を含んだ空気の温度差により鉄の部分に結露した

状態なんです。

 

 

昔の断熱材もなく炬燵だけの暖房しかない時代はこんな事はありませんでした室内も

天井裏も温度差がないですからね

 

天井裏にはグラスウールの断熱材が敷き込まれているのですがどうしても敷きこまれた隙間から室内の湿気がもれてこんな状態になりました。この状態が長く続くと家が傷んでしまいます。

 

解決方法はデッキ(冬は自然の冷却器、夏は放熱器)の表面温度を下げる事なのです。

 

最近の新築住宅に使われている発泡ウレタン吹付がいいんですが施工面積が少ないので割高になってしまいます。そこでこんな商品を見つけました。

 

「株式会社日本衛生センター」

                                     

で販売されているハンディフォームです。工事も専門業者でなくても施工可能です。これを吹付くことにより結露が解消できますので安心ですね.

 

 

 

 

TOP