玄関ホールフロアリフォーム

家職人 番匠

0553-33-8453

〒404-0024 山梨県甲州市塩山下萩原2096

lv

玄関ホールフロアリフォーム

2018/04/27 玄関ホールフロアリフォーム

%e5%a4%a7%e9%87%8e%e6%96%bd%e5%b7%a5%e5%89%8d当時使われていた大市松模様のフロア

%e5%a4%a7%e9%87%8e%e6%a1%862タイル、下駄箱に合わせて切り抜く%e5%a4%a7%e9%87%8e%e6%a1%861%e5%a4%a7%e9%87%8e%e5%ae%8c%e6%88%90

昭和45年に建築された住宅の玄関のフロアが一部フカフカするので修理依頼を受けました。上ってその箇所を踏んで見たところ数か所のフロアが傷んでいるようです。

当時のフロアの張り方は根太に直接止める単板張りで、今では構造用合板の上に張る2重張りが多くなっています。

積層合板なので長い年月の間に一部接着面が剥離してスカスカになり沈んでしまいます。

幸い骨組みの根太はしっかりしていましたので傷んだ所は補修して新しくフロアを重ね張りをしました。

既存の玄関框の上にL型のリフォーム框を取り付けるのですが新築と違いタイル、下駄箱があるのでその部分をカットしてセットします。

後はフロアを壁の巾木に合わせ削りながら取り付けるので通常の施工方法より倍以上時間が掛かりますが、きれいに仕上がりました。(品名 東洋テックス ワックス不要ダイヤモンドフロア)

 

 

 

TOP