雨漏り外壁のリフォーム

家職人 番匠

0553-33-8453

〒404-0024 山梨県甲州市塩山下萩原2096

lv

雨漏り外壁のリフォーム

現場日記

2018/09/04 雨漏り外壁のリフォーム

%e5%ba%872出幅60㎝の木製の庇1%e5%ba%87築14年の輸入住宅のモルタルジョリパットの壁の解体修理に取り掛かります。まずは東面からの工事から取り掛かりました。

水漏れクラックの部分から解体していくとどんどん朽ちている箇所が広がってゆきます。廻った水が広い範囲に

広がって大変なことになっていました。まるで癌の転移といっしょですね。とにかく朽ちたヶ所は交換しないと

家の強度がなくなり危険です。とくにツーバイフォーは構造用合板と金物で強度を保っているので構造用合板がボロボロでは地震がきたときには耐えられません。壁の水漏れの原因は壁が窓周辺のひび割れから雨水が侵入して壁全体に水が廻り、下地に貼られた透湿防水シートが水を吸い込んで防水シートの役目をしていません。この建物はモルタル直塗りなので黒い紙の防水フェルトを使用するのですが・・メーカーに問い合わせしたところ透湿防水シート(タイベックシート)は通気工法用なので

モルタル直張りには使用しないで下さいとのことでした。施工業者の知識不足ですね。雨漏りの原因は屋根の軒の出が全くなく雨がまともに壁に当たっています。これでは窓も開けておけません。

またひび割れが発生すると心配なので窓の上に庇を新たに取り付けることを提案しました。%e6%9d%b1%e4%bf%ae%e7%90%861ボロボロに朽ちた壁の下地2%e6%9d%b1%e4%bf%ae%e7%90%86壁下地木材の取付%e6%9d%b1%e4%bf%ae%e7%90%863構造用合板の張替

TOP